初めての不動産売却でも安心

まずは知っておこう!
あなたが所有する空き家や空き地の可能性

売る?住む?ビジネスをする?それともとりあえずキープ? せっかくなら1番有効な使い道を知りたい!
ここでは不動産の代表的な使い方を4種類ご紹介します。

不動産を売る方法は主に2種類

不動産会社を介して買⼿を探してもらう

成約にかかる期間

半年〜1年以上(買⼿がみつかるまで)

メリット

相場に近い価格で現⾦化できる

デメリット

・⽴地条件や⼟地の種類、建物の状態によっては売れにくい物件もある ・仲介⼿数料がかかる

不動産会社に買い取ってもらう

成約にかかる期間

約1ヶ⽉

メリット

最速で現⾦化できる ・売却よりも買取 条件が緩い ・仲介⼿数料がかからない

デメリット

・売却価格が相場(仲介の⾦額)の 6〜7割となる場合が多い

家に思いれがある場合など

メリット

毎⽉定期的な家賃収⼊が⼊る ・⼈が住むことで空き家よりも劣化を防げる

デメリット

状況に応じてリフォームやリノベーションなどを⾏う必要がある ・確定申告が必要

将来のために不労所得を得る。

賃貸経営アパート・テナントなど賃貸経営

建物を貸し出して賃料を得る

メリット

・⻑期的に安定した収⼊がある ・節税効果があるものもある

デメリット

・初期投資費⽤が⼤きい ・立地条件や環境により向き不向きがある ・管理が必要

施設経営 太陽光発電施設、駐⾞場、など

施設をつくり稼働させることで収益を得る

運営したい施設によって異なりますが、 ⼿軽に始められるものもあります。

将来使うために維持する

メリット

使うときのためにそのままの状態で残せる

デメリット

・維持する期間も税⾦や保険料がかかる ・管理維持費がかかる ・⼈が住まないことで家の劣化や傷みが進む
NEWS

相続登記の法改正について

上部へスクロール